二重まぶた化粧品を徹底比較【ハピジェラ】 > ノウハウ > 二重まぶたを作る時の注意点!安易に二重幅を広くしない方がいい3つの理由

二重まぶたを作る時の注意点!安易に二重幅を広くしない方がいい3つの理由

Pocket

二重美容液やアイプチで二重まぶたを作る人も増えてきていますが、二重幅はどのぐらいにすればいいのか悩んでしまう事も多いでしょう。

一般的なイメージでは二重幅が広い方が二重を強調する事が出来て目つきも良くなると言われています。

しかし安易に二重幅を広くしてしまうと逆効果になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

そこでなぜ安易に二重幅を広くしない方がいいのか理由を挙げていきましょう。

不自然に見える

今まで一重まぶただった人は二重まぶたを作る時に二重幅を広くしてしまうと変化が強調されてしまいます。

二重まぶたを作った側にとっては悪い目つきが良くなったという変化が出て嬉しいでしょう。

しかし周囲の人から見るとすごく印象が変わったように感じてしまいます。

確かに目つきは良くなったという印象を与える事が出来ますが、それ以上に変化している事で不自然さの方が印象が強くなってしまうのです。

安易に二重幅を広くしてしまうと周囲の人には不自然に見えて逆効果になってしまうケースもよくあるので注意した方がいいです。

眼力が強くなり過ぎて怖い印象を与える事もある

目つきが良い人と悪い人を比べると怖く感じるのは悪い人でしょう。

その影響で二重幅を広くして二重まぶたを作っている人も少なくありません。

しかし二重幅を広くしてしまうと眼力が強くなり過ぎてしまう事もあるのです。

周囲人が強くなり過ぎている眼力で見つめられるとさすがに怖く感じてしまうでしょう。

二重幅を広くしてしまうと眼力が強くなり過ぎて怖い印象を与える事もあるので注意して二重まぶたを作るようにしましょう。

別人だと思われてしまう事もある

二重幅を広くして二重まぶたを作った後に友人に話しかけると気づかれない事も実は少なくありません。

二重幅を広くしてしまうと印象が大きく変わってしまう事も多いので別人と思われてしまう事もあるのです。

それにより気まずい雰囲気になってしまう事もあるのでその辺りも考えながら二重まぶたを作るようにしましょう。

関連記事

アクセスランキング

カテゴリー

新着記事一覧