二重まぶた化粧品を徹底比較【ハピジェラ】 > アイプチによる障害 > アイプチを使っていたらまぶたが伸びて奥二重が消えてしまった!どのような方法で対策すればいい?

アイプチを使っていたらまぶたが伸びて奥二重が消えてしまった!どのような方法で対策すればいい?

Pocket

アイプチで二重まぶたを作っていると皮膚が伸びてしまうと聞いた事がある人も多いでしょう。

実際にアイプチを使う時は皮膚が伸びる可能性がある点に注意しますが、奥二重が消えて厚い一重になってしまう事もあります。

それにより今まで以上に目つきが悪くなりさらにコンプレックスを抱えるようになってしまうケースも少なくありません。

まぶたが伸びて奥二重が消えてしまった時はすぐに対策する事が大切になってきます。

そこでどのような対策をすればいいのか確認していきましょう。

温タオルをまぶたに当てる

まぶたが伸びて奥二重が消えた時はむくみが酷くなっている可能性があります。

むくみを解消する事で改善していく事が出来るの温タオルをまぶたに当てて温めていくと効果的です。

電子レンジでタオルを温めてまぶたに5分から10分ぐらいを目安に当てると徐々にむくみも解消されていきます。

アイプチを使っている時にまぶたが伸びて奥二重が消えた時はまず温タオルを当てて対応してみるといいでしょう。

まぶたをマッサージする

まぶたが伸びて奥二重が消えた時はむくみが酷くなっている事が多いですが、リンパや血液の流れが悪くなっているのが原因です。

改善していくにはリンパや血液の流れを良くする事も大切になってきます。

まぶたをマッサージして刺激を与えていくとリンパや血液の流れも良くなりむくみも解消されていきます。

指の腹の部分で適度な力加減でまぶたをマッサージすると奥二重が復活する事も多いので試してみるといいでしょう。

まとめ

アイプチを使っている時にまぶたが伸びて奥二重が消えてしまった場合は温タオルをまぶたに当てる方法とまぶたをマッサージする方法で対策する事が出来ます。

しかし必ずしも効果が出るわけではないので注意しなければいけません。

もし改善されなかった場合は専門の医師の診察を受ける必要があります。医師の指示に従って正しい方法で治していくようにしましょう。

関連記事

アクセスランキング

カテゴリー

新着記事一覧